埼玉エリア

2022年4月 7日 (木)

コープデリ検査センターオンライン学習会

3月28日() ZOOM にて春休み親子企画

『見て納得!試して楽しい!

〜親子でリモート〜食の安全安心への取り組みを学ぼう!』

を開催しました。

コープデリ商品検査センターの施設見学とクイズを楽しむリモートツアーです。

 

参加者は親子5組、ブロック委員4名です。

ブロックニュースだけでなく、さいたまインフォメーションにも載せて頂いたので、

各地域からのご参加がありました。良かったです💕

 

最初にクイズの練習で、好きな食べ物はありますか?と質問があり、

ある!が100%でした(そうですよね😉)

男の子に、司会の方が「何が好きですか?」と聞くと、

「カレー🍛!」可愛くて和みました。

 

内容はドローンによる内部の映像や、参加型のクイズ、手の洗い方の動画も

お子さんにも分かりやすく、盛りだくさんです。

 

実験では、「coop赤しそふりかけ」から液を作り、酸性、中性、

アルカリ性を調べる実験🧪を見ました。

実験映像が途中で止まったりのハプニングはあったものの、

結果を予想しながらクイズ方式になっていたりして商品検査センターへ

見学に行っているかのように楽しく参加出来ました。

8fdaa4875fdc42499fd3a3a2be86a75a

参加者の方からは

⭐️とっても楽しかったです

⭐️実験やクイズが楽しかった。実験は自分でもやってみたい!

⭐️クイズが少し子供には難しかったかな?

などの感想を頂きました

 

オンラインなので手元が見やすくて実験結果もよく分かり、

親子で楽しく参加頂けたのではないかと思います。

お家でも親子で楽しく実験してみて欲しいなと思います。

 

実際に集まってお顔を見ながらお話し出来るのも楽しいけれど、

オンラインでは遠い地域の方とも交流ができ

気軽にお家から参加出来るのが良いなと思いました。

 

お子さん達からの楽しかった〜というかわいい感想に癒されました。

 

埼玉東南ブロック委員会

2022年4月 6日 (水)

認知症サポーター養成講座

3月29 日(火)コーププラザ所沢にて埼玉西南ブロック委員会主催「認知症サポーター養成講座」を14人の参加で開催しました。  

                                                                  「認知症について正しく学び、理解し、認知症の方やその家族を地域で守り、支える人に!」

をコンセプトに、基礎知識や対応方法を学ぶ講座です。

所沢市並木地域包括支援センターの職員さんに講義していただきました。

企画に関心を持ち応募してくれた組合員さんは真剣に聴き入っていました。

 

「スライドを使った解説が分かりやすかった」

「対応などを学べ、今後の生活や仕事に役立ちそうです」などお声をいただきました。

終了後「埼玉県 認知症サポーター証」をいただき、ご家族だけでなく、ご近所の高齢者にも対応できる良い講義になりました。

 

Aa9a1c708d2940838ae1c6bba3b52207

 

E12fe35c469c4fa7b967a49bc835b5a1

今後も、ためになる講座や楽しい企画を考えていきます。ご参加をお待ちしています。 

 

埼玉西南ブロック委員会

2022年2月14日 (月)

『オンライン 親子で身体を動かそう』開催しました

 2月4日(金)『オンライン 親子で身体を動かそう』を開催しました。

 

コーププラザ富士見の多目的ホールの講師と、

ご自宅にいる参加者の親子を

オンライン(Zoom)でつないでの開催。

 

小さなお子さんが、画面を見ながら体操をしてくれるか、

少し心配もしていましたが、

講師の中村さんが、ほぺたん人形を使いながら運動を紹介すると

みんな楽しそうに真似してくれました。

 

身体を一緒に動かすプログラムだけでなく、

普段の生活で、気軽に取り入れることができそうな

お子さんとのスキンシップもあり、あっという間に時間が過ぎました。

 

フリートークでは、子育てのお悩みなどを中心に話しました。

オンラインの初対面では、話がしづらく感じることもあると思いますが、

「〇〇が少し困っている」という参加者さんの話に、

「うちでは〇〇ですよ」と、別の参加者さんが

答えてくれる場面もありました。

 

68c9f616267542099583aafa3930b2c9

 

1時間という短い時間でしたが、

少しでもおうち時間の気分転換になればと思います。 

参加の皆さん、ありがとうございました。

 

埼玉西部ブロック委員会 



2022年2月 4日 (金)

災害の「もしも」に備えよう!クロスロードゲーム

1月25日(火)埼玉南部ブロック委員会主催「災害の『もしも』に備えよう!クロスロードゲーム」を開催し、4人の参加がありました。

みなさんクロスロードゲームはご存じでしょうか?

クロスロードゲームとは災害時に難しい判断を迫られる様々なケースにおいて、どのような対応をするか「YES」か「NO」で回答することで、

決断に迫られる災害対応を疑似体験するゲームです。またどちらを選んでも正解不正解はありません。

ゲームの説明をした後、実際にゲームに参加してもらいました。

Img_1293

「あなたは市民です。大地震で我が家は半壊状態。避難してきた避難所では風邪が大流行。あなたは避難所を出て家に戻る? YES:戻る、NO:戻らない」

みなさん最初は個々で考え、「YES」「NO」カードを出した後にそれぞれの考えを聞いていきます。

「半壊状態でもやはり家の方が安心なので家に帰る」という意見や「家では何かあったとき不安。風邪であればかかっても何とかなるはず。避難所の方が大勢いて安心」などの意見もあり、「これが風邪ではなくコロナ禍の今の場合は?」などの声もあがりました。

この他さまざまなケースにおいて皆さんで判断し、意見交換したり、最初とは違うカードになったりと盛り上がりました。

そして最後にローリングストックや防災グッズのチェックリストの紹介をしました。

参加者からは「いろいろな意見を聞いて考えさせられることが多く、非常時の参考になりました」「必要な防災グッズ、ローリングストック商品も再度確認しようと思いました」などの声が寄せられました。

 

埼玉南部ブロック委員会

2022年1月25日 (火)

ウォーキングでめぐる埼玉三偉人 第4回

119()、ウォーキングでめぐる埼玉三偉人第4回を開催しました。

シリーズで開催してきましたが、いよいよ最終回となり、コーププラザ深谷にて今までのウォーキングの振り返りと終了式を行いました。

 

最初に、ブロック委員が撮ったウォーキングの写真と動画の映像を鑑賞しました。第1回〜第3回を10分ほどにまとめた短いものでしたが、改めてさまざまな記憶がよみがえり、思い出話をしながら楽しそうに観ていました。

 

次に、ミニ講座として、三偉人が生きた時代考証と、旧渋沢庭園や青淵文庫などがある飛鳥山公園、栄一の墓所がある谷中霊園のお話をボランティアの方から聴きました。自作の資料を使ったわかりやすく興味深いお話に「飛鳥山公園や谷中霊園にも行ってみたい」とさらに関心が広がった方もいました。

 

その後、しおりに3回分の集合写真をはり、コメントを書き込んだりして各自のアルバム作りをしました。

このしおりはブロック委員が作ったもので、三偉人の生い立ちやウォーキングコース、写真やメモをするページのほかに、1回参加するごとにスタンプを押すページもあり、4個のスタンプを集めることも参加者の皆さんの楽しみの一つだったようです。

 

最後に、終了式を行いました。一人ずつ完歩証をお渡しして感想を発表してもらいました。

「三偉人について学べてよかった」「みんなで歩いたので、より一層楽しかった」「三偉人の偉業をもっとたくさんの人に知ってもらいたい」などの声をいただきました。

 

 

A59123864938400cb0a574fe484d618f     

Ef7f10539e15414fa1633c1845d3c5a8

 

コロナ禍の中、悩みながらの開催でしたが、参加者の皆さんのたくさんの笑顔とありがとうをいただき、私たちブロック委員も心よりうれしく思います。

また、私たちの予想をはるかに超えた応募もいただき、ウォーキング企画への期待もひしひしと感じています。北部の自然を満喫していただけるようなコースを考え、また皆さんとウォーキングできたらいいな、と思います。

 

埼玉北部ブロック委員会

商品グループインタビュー in Zoomみらいひろば西部

1月19日(水)に「Zoomみらいひろば西部」を開催しました。

今回のみらいひろばは、グループインタビューを中心に行いました。オンライン開催のみらいひろばでのグループインタビューは、埼玉西部ブロック初の試みです。

まず、みらいひろばニュース1月号、コープみらいが設立した「子ども・子育て支援基金」についてお知らせしました。

続いて2グループにわかれて、モデレーターさんの進行のもと、グループインタビューの時間です。

これから発売される商品に対して、意見や感想を商品開発担当の方へお伝えできる、めったにない機会です。

同じ商品でも気づく点や好みは様々。

⭐パッケージには、できあがり写真があった方がいい

⭐長期常温保存可能なのがいい

⭐大根は味がよくしみている。ただ、やわらかすぎた 等々

担当ブロック委員もインタビューを受け、楽しく参加させていただきました。

各々で事前に試食するという形式ではありましたが、楽しく「食」の交流ができました。

002685fb51a5429eaa5943351a1142bc

共有画面を出す予定のiPadが固まるという事態に慌てたり、いつものZoomみらいひろばとは違うため進行にとまどったり…

温かく見守ってくださったご参加の皆さま、ありがとうございました。

「こんな時でもいろんな方とお会いできてお話でき、知見がひろがる」とオンライン開催についてうれしい感想もいただきました。

次回は、2月25日(金) 開催予定です。

みなさまのご参加お待ちしております♪

埼玉西部ブロック委員会

2022年1月23日 (日)

みらいひろば秩父三峰を開催しました。

1月18日(火) みらいひろば秩父三峰を荒川農村環境改善センターにて開催しました。参加者はブロック委員を含め4人でした。

まず、コープみらいが新たに設立した「子ども・子育て支援基金」について、趣旨や支援の方法、支援先についてなどを説明し、各家庭で使われずに眠っているはがきや切手などを、みらいひろばで集めて一緒に送ることにしました。

その後、「新聞紙で作る手提げバッグ」を参加者を先生に作成しました。新聞のどの部分を表にして、バックを作ったら素敵になるか、完成図を思い描きながら皆慎重に作成しました。手提げ部分の作成やバックの底になる部分の折り方と貼り付け作業に手間取ったりもしましたが、全員2つずつバックを完成することができました。

用意するのは、新聞紙8枚とのり、はさみ、定規のみ! ゴミもほとんど出ないので、とてもエコ! そのうえ何と、耐荷重は5㎏です。

0e8628187c204215a044774e38ddf249

1a52fc7f9c764270aa0c004119143b39

こちらのみらいひろばでは、参加者全員が人生の先輩!そのうえとても器用で物知りな方々ばかり。通常のみらいひろばのスタイルとは違い、私たちブロック委員が生徒になり、教えていただくことがほとんどです。

[2月の各みらいひろばの開催日程と会場]
2月14日(月)
✳︎みらいひろば秩父三峰(10時〜11時30分) 荒川農村環境改善センター
2月15日(火)
✳︎みらいひろば行田(10時〜11時30分) 行田市男女共同参画推進センターVIVA行田
✳︎みらいひろば秩父(10時〜11時30分) コープデリ秩父センター
2月22日(火)
✳︎みらいひろば本庄(10時〜12時) 本庄市共和公民館

埼玉北部ブロック委員会

 

2022年1月18日 (火)

『手芸ルーム~サンキャッチャーを作ろう~』を開催しました

1月12日(水)コーププラザ富士見(埼玉県富士見市)にて、『手芸ルーム~サンキャッチャーを作ろう』を開催しました。

手芸が得意なブロック委員が作り方を説明し、ガラスビーズを選んでいただくところからスタートです!ビーズの色や大きさ、カットの形も様々で皆さん真剣に選んでいました。

そして全体のデザインを考え、実際に作っていきます。

釣り糸につぶし玉とガラスボールを通し、糸を折り返し、つぶし玉を潰しながら、固定していきます。つぶし玉がとにかく小さいので、糸を通すのも、潰すのも一苦労です💦

一番下のガラスボールが固定できたら、後はそれぞれのペースで上からビーズを通し、つぶし玉を潰して固定していきます。

細かい作業に没頭すると時間があっという間に過ぎましたが、全員無事にすてきなサンキャッチャーが完成しました!

最後に作品をボードに吊るして鑑賞会&撮影会となり、「この色いいわね」「これもすてき」とキラキラ輝くサンキャッチャーにとても癒されました😃

参加の皆さんからは、

☆とても楽しく気に入ったサンキャッチャーが作れました。

☆手芸が好きなのでまた企画してほしい。

などの感想をいただきました。

B03171bc9b7140ba89638f020762fc7d

「虹を生み出すことで、幸せを運ぶ」と言われるサンキャッチャー。窓辺に飾り、明るいよい一年にしていけたらいいですね。

参加の皆さんありがとうございました。

埼玉西部ブロック委員会

商品学習交流会ホクト株式会社

1月12日(水) 埼玉西南ブロック委員会主催の商品学習交流会「ホクト株式会社 きのこで菌活❗️免疫力を高めましょう❗️」を 

参加者17人でオンラインで開催しました。

 

年が明けて最初の商品学習交流会です。

きのこの栽培について、「知っているようで意外と知らないきのこの秘密」と題した

動画を視聴しました。

ブナピーが白い理由をはじめ、きのこのクイズ、きのこのカットの仕方など盛りだくさんで、

皆さん、特にカットについて興味深かったようでした。

16d82e9b0e55483db36795e06a4a3970

エリンギを輪切りにするとまるでホタテのような食感だという話を聞き

家族に試してみたい!!とのお声が多く上がりました。

実開催の場合では、エリンギのもぎ取り体験があるそうで、「出来るようになったら、ぜひやってみたい❗️」との声や、

「自宅で栽培してみたい❗️キットを発売して欲しい❗️」など、きのこ愛があふれる参加者の皆さんでした。

きのこをたくさん食べて、免疫力アップで元気にお過ごしください。

 

埼玉西南ブロック委員会

 

 

2022年1月17日 (月)

みらいひろばについて

みらいひろばは、コロナ禍にあっても、“地域に開かれた笑顔あふれる居場所”をめざし、実参加での開催やオンラインでの開催などを進めていきます。
実参加で開催する場合は、安心して参加いただけるように、感染予防対策をしっかりと行います。
それぞれの地域でできることを話し合い、工夫しながら、進めていきますので、引き続き皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。
※国や自治体、行政等からの発信、行動制限要請内容も踏まえてご案内します。

11_20220117083201

12_20220117083201

より以前の記事一覧