埼玉中部

2018年12月10日 (月)

みらいひろば上尾今泉 12月

12月10日(月)コープ今泉店2階コープルームで埼玉中部ブロック委員会主催 「みらいひろば上尾今泉」を開催しました。
12月のテーマは「ユニセフ」です。ユニセフの支援と、CO・OPマークの牛乳を購入することで、その売り上げの一部をユニセフが行うアフリカの子どもたちの支援活動に寄付する取り組み「ハッピーミルクプロジェクト」についてお話しました。またユニセフ募金1円でできることとして、子どもたちの免疫力を高め感染症にかかりにくくするビタミンAカプセル1錠の支援ができることなどを紹介しました。
試食は、牛乳を加えてあたためるだけで手軽にできる「CO・OP日本のかぼちゃスープ」と店舗のベーカリーのパンを試食しました。
冷蔵庫の野菜をよくダメにしてしまう食品ロスの話や消費者トラブルの話などをし、
毛糸で作る帽子のマスコットホルダーも作り、楽しく交流しました。

45d29cae34604ae088e7f06560a6f9ea


Eec1bc39fcfa4eb59a9c91bf41959af4

埼玉中部ブロック委員会

世界の子どもたちのことを知ろう!〜ユニセフ学習会〜

12月8日(土) コープ今泉店 コープルームにて 埼玉中部ブロック委員会主催 「世界の子どもたちのことを知ろう!〜ユニセフ学習会〜」を開催し、12人が参加しました。
講師は埼玉県ユニセフ協会の松本真奈美さん。始めにユニセフの役割と世界の子どもたちの現状についてお話いただきました。世界には5秒に1人の子どもが亡くなっていることや生活に必要な水を数時間かけて汲みに行かなければならない子どもがいることなどを聞きました。また、ユニセフで集められた募金がどのように使われるのか、またそのお金でどのような支援ができるのかをお話いただきました。

48e3f04445494fb8ab87282525796a77

ユニセフ学習会の後はお店での募金活動です。短い時間でしたが、多くの方にご協力いただけました。
募金活動の後は、「CO・OP国産小麦のミニロールケーキ」に生クリームやフルーツをのせて、デザートを作り交流しました。
参加された方からは「子どもにとって始めての募金活動で、緊張していましたが、貴重な体験ができた」との感想をいただきました。

B3406d829bcc47018982075f57b0c6ac

埼玉中部ブロック委員会

2018年12月 6日 (木)

商品学習交流会 株式会社 コモ

12月6日(木)コーププラザ大宮にて 埼玉中部ブロック委員会主催「商品学習交流会 株式会社コモ 〜ロングライフパンについて学ぼう!〜」を開催し、23人が参加しました。

最初に コモの塩澤さん 根来(ねごろ)さんに クロワッサンの切り方、アレンジレシピを紹介していただき、各テーブルに分かれ調理しました。

今回のクロワッサン アレンジレシピは
①ひじきとツナとコーンの和風サラダサンド
②三角スイートポテトパイ
③クロワッサンアイスの3種類です。
どれも簡単に調理することができ、とてもおいしくいただきました。

試食の後、コモのパンは、なぜ保存料を添加せずにおいしさを長持ちさせることができるのか?
その秘密『パネトーネ種』の効果について じっくりとお話をうかがいました。

1812063

181206jpeg_2

コモの社名は、北イタリアの『コモ湖』から来ているということ。
ここでしか取れない『パネトーネ種』を日本に持ち帰り、この『パネトーネ種』でのパン作りを日本で初めて成功させたそうです。

参加者は、メモを取ったり、資料を見たりと熱心に受講されていました。
「日持ちするパンは、添加物が入ってるイメージだったので 目からウロコだった」
「レシピに新しい発見があって パンを食べるから楽しむになった」などの感想をいただきました。

埼玉中部ブロック委員会

2018年12月 5日 (水)

商品学習交流会 カゴメ株式会社

11/27(火)ミニコープ砂町店にて、商品学習交流会カゴメ株式会社を開催しました。
講師の田口さんより、始めにスライドを見ながらカゴメの歴史について学び、その後「野菜が持つチカラ」と「乳酸菌の働き」についてお話ししていただきました。
野菜の効率的な摂り方として、ジュース等の加工品を上手に活用する事や野菜によっては油と一緒に加熱調理する方が栄養の吸収が良い物もある事などポイントごとに分かりやすくお話ししていただき、毎日の生活に参考になる情報が満載でした。
休憩を挟み、後半のお話しでは植物性乳酸菌の「ラブレ菌」を中心に、乳酸菌は腸内フローラの改善やインフルエンザ予防効果などの様々な効能がある事を学びました。
「数億個もある様々な菌の中で、是非自分に合う菌を探してみてください!」という言葉がとても印象的でした。
休憩時や学習会終了後にも質問がたくさん寄せられ、関心の高さを感じました。

13241dd5e0be411faa30500aed7e9087

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月30日 (金)

みらいひろば大宮北 11月

11月21日(水)さいたま市プラザノースで、埼玉中部ブロック委員会主催 みらいひろば大宮北を開催し、10人が参加しました。
今月は、共通商品「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」を囲んで、試食しながら楽しく交流しました。

まず、他のメーカーのフルーツグラノーラとの『食べ比べ』をしました。
メーカーにより中に入っているドライフルーツや穀物の種類が多少違うので、食感や味は様々でした。CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラは、「食感がしっかりしていてとても香ばしい、クランベリーやイチゴのドライフルーツの甘みが美味しい」との感想がありました。また、「外装のパッケージに、栄養成分や入っている穀物などの写真がしっかり載っているので、購入する時も安心感もある」と好評でした。商品をしっかり見比べることで、改めてグラノーラの栄養価の高さも知りました。

次に、フルーツグラノーラをもっと気軽に食卓に…ということで、『アレンジメニュー』を皆さんと考え、試食もしました。

✳︎おやつや朝食にもっと栄養UPに…
①ホットケーキミックスと混ぜて「フルーツグラノーラ カップケーキ」

✳︎普段の食事の手軽にプラスして…
②トッピングとして使う「フルーツグラノーラのグリーンサラダ」

✳︎パーティーやおつまみにも…
③フルーツグラノーラ砕いて衣にする「一口ライスコロッケ」

様々なシーンでフルーツグラノーラの活用法はこんなにもある事に、皆さんとても驚いていました。
このほかにも、アイスやスパイシーなカレーライスのトッピング、グラタンのパン粉の代わりに活用など、たくさんのアイディアがあがりました。
手軽なので、どれも自宅で作ってみたいとのことでした。

これからも、みらいひろばでのおしゃべりを通してたくさんの発見をし、食卓を笑顔にしていけたらと思います。

6bb8923b0756438db4b9d598c3a2966c

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月26日 (月)

上尾消費生活展

11月23日(金・祝)くらしフェスタ第36回上尾消費生活展が開催され、埼玉中部ブロック委員会も参加しました。

1階の展示コーナーでは、コープみらいのエシカルの取り組みについてを紹介し、エシカルクイズや認証マークのパズルを行い、参加者には「CO・OPカカオ70%チョコレート」「CO・OPるんるんスティックゼリー」「CO・Oわいわいスティックゼリー」を配布しました。来場者からは、「エシカルって言葉を初めて知りました」「認証マークは見たことありましたが、意味まで知りませんでした」などの感想をいただきました。

2階のキッチンでは、「CO・OPみんなのコープカレー」を使った野菜たっぷりのキーマカレーを販売しました。今年もとても好評で、お立ち寄りくださった皆さんにとても喜ばれました。

Img_4279

埼玉中部ブロック委員会

消費者被害防止サポーター養成講座

11月16日(金)コーププラザ大宮にて、埼玉消費者被害をなくす会と中部ブロック委員会の共催で埼玉県委託事業2018年度消費者被害防止サポーター養成講座を開催し、12人の参加がありました。

講座では「地域の消費者被害を防ぐには」「消費者被害防止サポーター 埼玉県内の状況」「悪質商法・消費者被害の実例を学ぶ」の3つの講義を聴き、午後のグループワークで消費者として地域のなかでできることを考えながら交流しました。

参加者からは「知らなかった事も多く勉強になりました。まず、事例を知ることで被害を防ぐ事ができると思いました。」「家族や地域のなかでとにかく話題にして共有することが大切だと感じました。」「サポーター活動の状況を聞き、何気ない普段の会話の中で家族や知人に伝えること、交流しながらの学習会などなら参加しやすく負担もないので、自分にもサポーター活動ができるのではないかと思いました。」などの感想がありました。

講座終了後に地域での見守り活動や啓発活動を行うボランティアである埼玉県消費者被害防止サポーターに10人が登録しました。

F924277d645a48c7a0d527021b8615f9

続きを読む "消費者被害防止サポーター養成講座" »

2018年11月19日 (月)

被爆の体験を学ぶ

11月19日(月)コーププラザ大宮にて、埼玉中部ブロック委員会主催
「被曝の体験を学ぶ」を開催し、20人が参加しました。
前半は、しらさぎ会(埼玉県原爆被害者協議会)の長崎県出身の上野さんと広島県出身の木内さんから、ご自身の被爆体験を中心に、戦前戦後の暮らしについてお話をうかがいました。
原爆投下による惨状、戦後の苦しい生活、80歳を過ぎてもはっきりと覚えているとのこと。戦後は物を売って生活にあてたが、とても貧しく生活するのが大変で、被曝した方は癌になりやすく色々な病気になる、戦争が終わった後も長い時間苦しんでいるとお話いただきました。
そして、日本に原爆投下された本当の理由について語って下さいました。

181119   181119_8

後半は、ナガサキ平和の旅に参加された組合員から、報告と感想をいただきました。
また参加者全員で、平和を願いながら折り鶴のカードスタンドを作りました。
参加者からは、「被爆者の方の生の声を聞き、当時の詳細がうかがえて
戦争の恐ろしさを改めて実感しました。」「平和の尊さを次の世代へと引き継ぐために私達にもできることをやっていかなければいけないと思いました。」などの感想をいただきました。

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月16日 (金)

みらいひろば 鴻巣大間

2018年 11月16日(金) ミニコープ大間店2階コープルームで埼玉中部ブロック委員会主催 みらいひろば鴻巣大間を開催し、12人が参加しました。
今月は、みらいひろば共通の商品「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」を試食し交流しました。

まず始めに、グラノーラをそのまま食べていただき、他に2種類のアレンジをしました。
1種類めは、グラノーラを「CO ・OP国産大豆の調整豆乳」に、もう1種類はプレーンヨーグルトとバナナに入れて試食しました。
1番好評だったのはヨーグルトバナナで、次に調製豆乳、そのままがよいという方も1人いらっしゃいました。
今までは食べたことがなかった方が、「おいしかった。食べず嫌いだった。これから食べることにしよう」と言われました。また「サラダに入れるといいね」という意見もありました。
そのほかに、さつまいもときのこのごまみそスープをを作りました。簡単でおいしいと好評でした。

Fb9704dea1ec46779183db26cb7cc997

埼玉中部ブロック委員会

2018年11月12日 (月)

みらいひろば伊奈

11月12日(月)ゆめくる(伊奈町ふれあい活動センター)で、埼玉中部ブロック委員会主催「みらいひろば伊奈」を開催しました。
今月は共通商品「CO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラ」の試食です。
日頃からグラノーラを食べている方は少数で、ほとんどの方は馴染みがないようでした。
栄養や効能をお話したら話題が広がり「おやつをグラノーラにしたら、ぐっと健康的になりそう」と興味を持たれたようです♪
今回はグラノーラを楽しみましょうと3つのメニューを作りました。
✳︎ そのまま試食
✳︎ オレンジクレープにグラノーラ
✳︎ フルグラポッキー
✳︎ グリーンサラダにグラノーラ

123695d2d1b34549a5116e9eecb93738

8474fc95e2c4461d99e07a310dfa8215

フルグラポッキーは、「CO・OP国産小麦のさつまいもバー」に溶かしたチョコレートを塗り、
フルーツグラノーラをぐるっと付けて完成です。
みらいひろばで皆さんと作ると、楽しさ美味しさがさらに増します♫
「デザートにもサラダにも合うのは発見でした」「コープのは甘さがほどよく美味しいです」など様々な感想をいただきました。
これからも、おしゃべりで和み、普段の生活にちょっとした彩りがプラスされるようなみらいひろばでありたいです。

埼玉中部ブロック委員会

より以前の記事一覧